駒込ハリニック > 最近の症例 > パニック障害
〜 最近の症例から 〜
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
 
パニック障害

55歳女性。数回から十数回治療をしてある程度症状が緩解するとご自分の判断で治療を中止し、半年〜1年ほどして再び体調が悪くなると来院され、やはり、数回から十数回治療をしてある程度症状が緩解するとご自分の判断で治療を中止する、といったお付き合いが20年ほど続いている方です。

この方がパニック障害に罹患したのは一年数ヶ月前。前回の治療から約一年ぶりでご予約を頂いたのですが、約束の時間になってもお見えになりません。結局、30分ほど遅れて来院されたのですが、理由を尋ねてみると、「電車の中で急に不安感に襲われて、動悸・息切れがして、のぼせて、冷や汗が胸を伝い、気分が悪くなって目眩もひどくなったので、途中で電車を降りてしばらく休んでいたんです」。

この時は罹患してからあまり時間が経たないうちに治療を開始することが出来たので3回の治療で症状のかなりの部分が軽減されました。経脈を安定させ、パニック発作が起きない程度に改善されるまで治療を継続したかったのですが、これまでと同様、「気分も落ち着きましたし、治療を終了してください」と、来院されなくなりました。


それから半年ほど経って、「外出するのが怖くて家から一歩も出られないので往診して頂きたいのですが・・・」との電話。この方の自宅は当院から一時間半ほどの遠地にあり、他の患者さんの予約が入っている診療日に伺うのは困難な為、休診日に伺うことにしました。

お話を伺ってみると、数ヶ月前にご家族に不幸があってからは、夜は不安で眠ることが出来ず、家中の電気をつけて起きており、朝方になってから漸く眠るという生活が続いているとのこと。さらに、電話を頂いた数日前、買い物に出たスーパー内で急に不安感に襲われて半年前と同じような発作を経験。それ以来、外出するのが怖くなり、家の中でじっとしているとのことでした。

そして、問診の結果、「イライラする」「食欲がない」「胃部・下腹部が痛む」「便秘と下痢を繰り返している」「のぼせる」「手が熱い」「微熱が続いている」「大腿外側が神経痛様に痛む」などの訴えを得ました。


まず、不安感・恐怖感を取り除く為に足の少陰腎経のバランスを整え、気分の落ち込みに対して足の陽明胃経を調整しました。「イライラする」というのは怒りの感情ですので足の厥陰肝経をもって対処し、食欲不振、胃部・下腹部の痛み、便秘・下痢には足の太陰脾経をもって対処。大腿外側の痛みには足の少陽胆経をもって対処しました。

のぼせ、手の熱感、微熱は気分障害に起因するものと考え、関連する経脈の調整は特に行わず、様子を見ることにしました。


【治療開始から7日目・治療回数2回】
  不安感は治まり、のぼせ、微熱、大腿外側の痛みは改善。しかし、イライラすること、食欲がないこと、下腹の痛み、手が熱いことは相変わらずで、便秘と下痢も続いているとのこと。初回と同様の治療に加え、ぐっすりと眠れるように足の太陽膀胱経の殷門穴(左)、申脉穴(右)を瀉しました。

【治療開始から14日目・治療回数3回】
  「食欲も出てきましたし、下腹部の痛みもなくなり、便通も正常になりました」。手の熱さもかなりよくなり、睡眠の状態も改善。12時前には就眠し、朝もすっきりと起きられるようになったとのこと。

【治療開始から28日目・治療回数4回】
  「一週間ほど調子も良く、食欲に任せてつい食べ過ぎたところ、胃痛、下痢になってしまいました」。その為、不安感が起こり、再び眠れなくなったとのことです。

【治療開始から35日目・治療回数5回】
「外出してもパニック発作が起きなくなったので、今まで何も出来なかった分、忙しくかけずり回ってます」とのこと。さらに、「やらなければいけないことだらけで時間も取れないので治療を休止したいのですが・・・」。

イライラしやすい状態は続いており、新たに「顔がチクチクすることがある」との訴えも出てきたので治療を継続する必要性を感じるのですが、今回で一旦治療を終えることにしました。

パニック発作が起こらなくなったことから、経脈のバランスは概ね整ったものと思われます。しかし、諸症状が残っているので経脈が良い状態で安定しているとは言えません。また、新たな症状の発現は不安感を誘発し、パニック発作が再発してしまう恐れもあります。

パニック発作を抑えることはもちろん大事なことですが、そこで治療を終えるのではなく、それ以外の諸症状の改善、そして、新たな症状が現れた場合は速やかな処置を行わなければなりません。何故なら、経脈の安定化を図ることが出来なければパニック障害を治癒へと導くことが出来ないからです。


パニック障害の話
 
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
   

駒込ハリニック > 最近の症例 > パニック障害
Copyright(c) 2003- Komagome-harinic All rights reserved.