駒込ハリニック > 最近の症例 > 花粉症 4
〜 最近の症例から 〜
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
 
花粉症 4

32歳男性。5年前より花粉症を発症。症状は、目が痒い、泪が出る、鼻水とクシャミを頻発。その他の愁訴としては耳鳴りがありますが、大便・小便ともに正。血圧も正常。

脈診では、左側が沈・弦・実、右側が沈・弦・虚。腹診では、水分穴の外方1寸5分の処、陰交穴の外方1寸5分の処(右側)、関門穴(右側)、滑肉門穴(右側)、天枢穴の下方2寸の処(左側)に抵抗感があります。

脈診、腹診そして骨盤の左右差から以下の様な配穴としました。

侠白、陰包、伏兔、太白、臨泣
太淵、行間、陷谷、下陰谷、陽陵泉、殷門

侠白、陰包、伏兔、太白、臨泣
尺沢、曲泉、下陰谷、足の三里、風市、申脉


【治療開始から7日目(1月下旬)・治療回数2回】
  「目の痒み、鼻の状態は少しは良いようです」。しかし、時々、印堂穴付近(前頭部)に痛みを感じるとのことでしたので前回の配穴に加えて印堂穴、及び、風池穴に置鍼をしました。

【治療開始から35日目(2月下旬)・治療回数6回】
 

目と鼻の奥が痒いとのことでしたので、配穴を以下の様に改めました。


侠白、陰包、伏兔、太白、臨泣、足の三里、臑会
曲泉、下陰谷、陽陵泉、申脉、箕門

侠白、陰包、伏兔、太白、臨泣、足の三里、臑会
太淵、曲泉、下陰谷、陷谷、風市、申脉、箕門

【治療開始から49日目(3月中旬)・治療回数7回】
  「目の痒さ、鼻の奥の痒さがだいぶ緩和されました」。鼻水が少し出るとのことでしたので両測の臂臑穴、上四涜穴の瀉法を加えました。

【治療開始から63日目(4月上旬)・治療回数8回】
  「目の痒さは殆どありません」。鼻水が少しと時々くしゃみが出る程度にまで改善。前回の配穴から右側の陷谷穴の瀉、左側の足の三里穴の瀉を除き、経脈の調整を行いました。

それからしばらく音沙汰がなかったのですが、3ヶ月ほど経ってから頭痛と疲労感の改善の為に治療にお見えになりました。お話を伺ったところ、前回の治療で花粉症の症状を治まり、花粉飛散のピーク時も無事に乗り切ったとのことです。


(1)25歳女性 (2)72歳女性 (3)57歳女性 (4)32歳男性
花粉症の話
 
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
   

 


駒込ハリニック > 最近の症例 > 花粉症 4
Copyright(c) 2003- Komagome-harinic All rights reserved.