駒込ハリニック > 最近の症例 > 三叉神経痛
〜 最近の症例から 〜
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
 
三叉神経痛

左側の頭部、側頭部、額、眉、上瞼と瞼の裏に帯状疱疹ができ、皮膚科で治療を受けていた80歳男性。二ヶ月経っても一向に水疱は消えず、それどころか、さらに神経痛を発症した為、当院で治療を受けている奥様の薦めで来院されました。

診たところ、頭頂部、側頭部、眉、上瞼の水疱がひどく、一部は水疱が破れて水液が流れ出ています。神経痛が生じている部位は左側の頭頂部、側頭部、眼の奥、耳の中。第一枝の三叉神経痛のようです。

帯状疱疹が消退するまでは皮膚科にかかること、高齢であるので神経痛が治るまでにはそれなりの日数がかかることをお話しし、納得して頂きました。


【治療開始から2日目・来院数2回】
  耳の中の痛みは消失。しかし、他の痛みについては変化なしとのこと。

【治療開始から15日目・来院数3回】
  二週間あけての来院。数日前から再び耳の中が痛み出したとのこと。

【治療開始から22日目・来院数5回】
  耳の中、及び、眼の奥の痛みが消失。頭頂部、側頭部の痛みは殆ど改善されていないとのこと。

【治療開始から46日目・来院数6回】
 

およそ三週間ぶりの来院。食欲が無く、胃の後が硬く、辛いとのこと。腹診をしますと、胃の処は石のようにしこっています。

この三週間をどの様に過ごしていたのか尋ねると、「週に三回、大学病院に通ってレーザーをかけて頂き、痛み止めに処方された鎮痛剤(ロキソニン)を毎日服用していました」。しかし、神経痛は全く改善されなかったとのこと。

そこで、鎮痛剤を服用し続けることで食欲が落ちることがあること、帯状疱疹が原因の三叉神経痛は現代医学で治癒するのは難しい病であることをお話しし、今後は間隔を開けずにしっかりと鍼灸治療を受けて頂くことをお約束頂きました。


【治療開始から55日目・来院数8回】
  痛む範囲は変わらないものの、「胃腸の調子も良くなり、頭の痛みがだいぶ改善されました」。

【治療開始から62日目・来院数10回】
  痛みの範囲が小さくなり、強い痛みが出なくなったとのこと。

【治療開始から79日目・来院数12回】
  風にあたると痛みが生じることはあるものの、その他は概ね良好。痛みをあまり感じなくなったとのこと。

【治療開始から100日目・来院数15回】
  風に当たっても痛むことがなくなったとのこと。全身のバランスを整える治療を行い、今回をもって治癒としました。


三叉神経痛の話
 
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
   

駒込ハリニック > 最近の症例 > 三叉神経痛
Copyright(c) 2003- Komagome-harinic All rights reserved.