駒込ハリニック > 病の話 > 不正出血(性器出血)
〜 病の話 〜
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
 
不正出血(性器出血)

月経周期以外の性器出血を総称して不正出血といます。原因は様々ですが、ポリープや炎症など、原因となる組織の異常が存在する「器質性出血」と、ホルモンの異常による「機能性出血」の2つに分けることが出来ます。器質性出血の場合、癌が原因であることもある為、まずは医療機関にかかり原因を診断してもらうことが第一です。

器質性出血の主な原因
・子宮内膜組織が本来の場所以外の子宮筋層・卵巣・腹膜に侵入増殖する子宮内膜症
・子宮体部 ・・・ ポリープ内膜炎 など
・子宮頸部 ・・・ 糜爛(びらん)ポリープ など
・膣部 ・・・ 炎症 など
・外陰部 ・・・ 潰瘍 など
機能性出血の主な原因
・性腺機能の働きが低下した為に生じるホルモンのアンバランス

現代医学に於ける不正出血の治療は、器質性出血の場合は手術、あるいは、ホルモン治療が中心となり、機能性出血の場合はホルモン治療が中心となりますが、ホルモン治療を受けている方の中には頭痛や吐き気でお悩みの方も多いようです。

また、機能性出血の中には血小板減少性紫斑病、再生不良性貧血、白血病、鉄欠乏性貧血などの血液の病気によるものもありますが、この場合には性器出血以外にそれぞれの症状がありますので、原因となっている疾患の根本治療が必要です。


鍼灸医学では古くから、足の厥陰肝経の生理的働きとして「肝は血を蔵す」「肝は血気を生ず」「肝の脉は陰器をまとう」、足の少陰腎経の生理的働きとして「腎は骨髄の気を蔵す」「骨髄は肝を生ず」「腎は精を蔵す」「腎は液を主る」と言われています。

子宮内膜と関連の深い足の太陰脾経の状態に気をつけながら
血の病に関係の深い肝経、及び、その肝を制御・調整し、骨髄の気を蔵している腎経のバランスを如何に整えるかが鍼灸医学に於ける不正出血の治療のポイントです。

性器出血は下焦に於ける足の厥陰肝経が虚の状態にあることを示しており、これは足の少陰腎経の統制力が弱っていることに起因します。この時よく用いるのが大腿内側にある上陰谷穴です。上陰谷穴は八会穴のひとつである「血会」と称されている膈兪穴と相関関係にある経穴で不正出血に限らず血の病がある場合には調整の対象になります。

鍼灸治療が適応するのは
ホルモンバランスの崩れが原因である機能性出血と、器質性出血の中でも子宮内膜症、子宮筋腫、ポリープ、糜爛が原因のものです。不正出血が続く場合は重篤な疾患が原因である可能性もある為、放置せず早期に医療機関を受診することをお勧めします。


不正出血(性器出血)の症例
 
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
   

駒込ハリニック > 病の話 > 不正出血(性器出血)
Copyright(c) 2003- Komagome-harinic All rights reserved.