駒込ハリニック > 病の話 > 歯周病(歯槽膿漏)
〜 病の話 〜
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
 
歯周病(歯槽膿漏)

あまり痛みがなく自覚症状が殆どないままに進行していく歯周病は成人の80%以上が何らかの形で罹患していると言われています。歯周病は大きく分けて歯肉だけに限局した歯肉炎と、病変が深部まで進行した歯周炎に分かれます。歯肉炎は歯垢(プラーク)や歯石中の細菌により歯肉に炎症が起きている状態で、単純性、妊娠性、思春期性の他、抗高血圧薬などが原因となるものや、口呼吸が原因となるものがあります。

歯が抜ける原因となる歯周炎は歯を支える支持組織の炎症性病変です。歯は歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨からなる歯周組織によって支えられていますが、歯肉炎が進んで歯肉と歯の間の隙間が深くなり、歯周ポケットが形成されるようになると、歯肉組織及び歯根膜組織の破壊、歯槽骨の吸収が生じます。その結果、“歯肉からの出血”や“歯肉の腫脹”、“口臭”、“歯の動揺”、“食べ物が挟まりやすくなる”、“咬むと痛む”などの症状が現れます。

歯周病の原因とされている歯垢は、歯の表面に付着した白色または黄白色を帯びた粘着性の物質のことで、8割が水分、残り2割のうちの殆どは細菌が変化したものです。1mgの歯垢には凡そ300種類、数億個もの細菌が存在していると言われています。この歯垢が石灰化して歯の表面に張り付いたものが歯石で、歯石を取る為には歯科医院等での処置が必要となります。


歯周病の治療は、基本的には歯垢や歯石を除くことが中心となり、初期治療としては、歯ブラシによるブラッシングの仕方や歯間ブラシ・デンタルフロスなどの補助器具の使い方を身につけて頂く目的で行う「プラーク・コントロール法」の指導や、器具を使って歯石を除去する「スケーリング」、“ペリオクリン”、“ペリオフィール”などの抗菌剤を用いた薬物療法などが行われます。

また、これらの初期治療で改善がみられない場合は「GTR法」、「エムドゲイン法」などの歯周組織再生療法が行われますが、歯垢や歯石を取り除くための歯周外科手術を伴いますので体にかかる負担は当然大きくなります。


鍼灸医学では、歯周病を治癒へと導くには歯肉の強化を主眼において治療にあたることが必要不可欠と考えています。丁寧にブラッシングをする習慣をつけ、歯垢はもちろんのこと口腔内に細菌が殆どいない状態を保ち続けても歯周病が改善されない例が数多く存在することからも分かるとおり、歯周病の原因となるのは歯垢や歯石だけではありません。歯周病の最大の原因は歯肉の“歯を支える力の衰え”なのです。

歯肉を支配する主となる経気は足の少陰腎経ですのでこの腎経の経気の働きを如何に高めるかが治療のポイントとなります。単なる歯肉の炎症であれば腎経の気を補うだけでも十分なのですが、歯肉の腫瘍の一種と考えられる歯周病の場合はそれだけでは不十分です。腎経と表裏関係にある足の太陽膀胱経も同時に補い、それぞれのバランスを整えることで漸く弱っている歯肉にアプローチ出来るようになるのです。

具体的には、大腿部にある足の少陰腎経・上陰谷穴と足の太陽膀胱経・殷門穴を補。さらに脈状やお腹の状態、既往歴や歯周病以外の症状を勘案して、腎経は陰谷穴または照海穴を瀉、膀胱経は委陽穴または申脉穴を瀉。これが歯周病に対する主となる取穴です。歯周病の程度や体全体の経脈の状態によっても異なりますが、それほど重症でなければ週1〜2回のペースで治療を行えばひと月程で症状は落ち着いてきます。

ただし、歯周病は生活習慣も大きく影響します。丁寧なブラッシングを心掛け、歯垢・歯石が付かないように努めることももちろん大事ですし、歯周病のリスク因子でもある喫煙や過度の飲酒は避けて頂く必要があります。

歯周病(歯槽膿漏)の症例
 
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
   

駒込ハリニック > 病の話 > 歯周病(歯槽膿漏)
Copyright(c) 2003- Komagome-harinic All rights reserved.