駒込ハリニック > 病の話 > 花粉症
〜 病の話 〜
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
 
花粉症

花粉症は花粉が抗原となって起きるアレルギー疾患です。鼻炎、結膜炎が主症ですが、場合によっては咽頭痛、咳、腹痛など、多彩な症状を呈することもあります。

花粉症の機序は概ね以下のようになっています。
1. 鼻粘膜・結膜などに花粉が付着
2. 花粉から抗原物質が溶出
3. 花粉抗原に対するIgE抗体が肥満細胞(マスト細胞)と結合
4. 肥満細胞(マスト細胞)からヒスタミン、ロイコトリエン、プロスタグランジンD2、その他様々な化学物質を放出
5. 鼻炎、結膜炎等が発症

鼻炎
くしゃみ ヒスタミンが鼻粘膜に分布する知覚神経を刺激することによって生じます。
鼻水 知覚神経が刺激されると反射的に副交感神経が興奮します。神経終末からアセチルコリンが放出され、鼻腺を刺激する為に生じます。
鼻粘膜内に抗原抗体複合物を貪食する好酸球が沢山集まるようになり、その為に様々な刺激に対する鼻粘膜の反応の亢進と過敏性が生じるようになります。

結膜炎
アレルギー反応を起こす肥満細胞や血管が多い結膜は、炎症が生じやすい部位です。アレルギー性結膜炎になると目蓋の裏側や“ふち”が痒くなり、また、ゴロゴロとした異物感が生じることもあります。これはアレルギー反応によって「乳頭」という粒状の盛り上がりや「濾胞」という細胞の固まりによる粒状のこぶが結膜に出来るのが原因です。

涙もよく見られる症状ですが、場合によっては角膜に糜爛(びらん)を生じるようなこともあります。

現代医学における花粉症の治療は、肥満細胞から放出されるヒスタミンを始めとする化学物質の放出を止めてしまう抗アレルギー薬、神経・血管・腺などの持っているヒスタミンの受容体を占拠してしまう作用のある抗ヒスタミン薬、化学物質を細胞内で作らせない合成阻害薬、化学物質の神経・血管・腺の受容体をブロックする受容体拮抗薬などが使われています。

そして、花粉症の程度が強く、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬などの効きが悪いときは、ステロイド薬や抗ヒスタミン薬とステロイド薬が一緒になった内服薬が使われることもあります。

これらの花粉アレルギー疾患に対する薬は、症状として現れている鼻炎・結膜炎等を抑えることが目的であってアレルギーを根本から治すものではありません。そこで抗原が体に吸収されても抗体(IgE抗体)が出来ないようにする為にアレルギーの原因抗原を少しずつ注射して反応を鈍らせる免疫療法(抗原特異的減感作療法)が推奨されています。しかし、この治療法は1〜3年続ける根気が必要で、体にかかる負担が大きい割には効果率が低いようです。


鍼灸医学では、鼻粘膜、結膜、気管は手の太陰肺経、及び、その相関関係にある足の陽明胃経の領域に属しているとの考えから、この両経絡の調整を主眼として治療にあたります。そして、アレルギー疾患は「虚の病態」との認識に立ち、まず、手の太陰肺経・侠白穴、足の陽明胃経・伏兎穴を補います。

その上でその他の取穴を行いますが、花粉症に於ける手の太陰肺経・足の陽明胃経のバランスは概ね30代を境にして異なる傾向があり、以下の通り、取穴も異なります。
30代以下 手の太陰肺経尺沢穴(左右いずれか)、及び、太淵穴(尺沢穴の反対側)を瀉
30代以上 手の太陰肺経太淵穴(左右いずれか)を瀉し、足の陽明胃経・三里穴を補

もっとも、これは目安であって、実際の治療では年齢にとらわれることなく、花粉症以外の愁訴や脈診・腹診から得た情報を元に取穴を決定しています。

また、花粉症の程度や経脈の状態によっては、足の厥陰肝経・陰包穴の補鍼や手の太陰肺経の反射穴である印堂穴の刺鍼を加えます。陰包穴は粘液の分泌と関係が深く、「鼻水」や「涙」、「目蓋のゴロゴロ感」等の症状が強い方に効果的ですし、印堂穴に刺鍼して“気詰まり”を解消することで一時的にですが症状は軽減します。

このように、鍼灸医学では症状に応じて補助的に印堂穴の刺鍼を加えながら、主役となる手の太陰肺経、及び、足の陽明胃経の調整を行うことで花粉症の治療にあたっています。

花粉症の症例
(1)25歳女性 (2)72歳女性 (3)57歳女性 (4)32歳男性
 
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
   

駒込ハリニック > 病の話 > 花粉症
Copyright(c) 2003- Komagome-harinic All rights reserved.