駒込ハリニック > 病の話 > 味覚障害・嗅覚障害
〜 病の話 〜
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
 
味覚障害・嗅覚障害

舌には糸状・茸状・葉状・有郭の4つの舌乳頭があり、このうち舌先の糸状乳頭を除く各乳頭には味蕾という器官があります。味蕾にある味細胞の受容体に、水分に溶けた味物質が結合すると電気信号化されて神経を通じて脳に伝達されます。脳に伝達されたこの信号は甘味・酸味・苦味・塩味・うま味などの味覚として認識されます。

味覚障害の原因としてまず挙げられるのが亜鉛の欠乏です。亜鉛は味細胞の新生に欠かすことが出来ない物質ですが、過度なダイエットや、ファーストフードやインスタント食品など、精製加工食品中心の食生活は亜鉛が欠乏しやすくなります。特に、精製加工食品には亜鉛の吸収を妨げる添加物が含まれていることが多いので注意が必要です。

亜鉛不足の他には、老化による味細胞の減少や唾液の分泌量の減少、降圧薬や抗鬱薬による副作用、心因性によるものなどが味覚障害の原因として考えられています。しかし、原因が特定出来ないこと多く、亜鉛の摂取量を増やすだけでは改善されないケースも少なくありません。


鼻腔内の嗅粘膜にはニオイを感知する嗅細胞があります。嗅細胞の先端には線毛が生えており、鼻孔から吸い込まれたニオイ分子がこの繊毛に触れることでニオイに対する感覚が生じます。電気信号化されたこの感覚は頭蓋内の嗅球と呼ばれるマッチ棒ほどの脳組織に伝えられ、そこから大脳へと伝播することでニオイとして認知されます。

嗅覚障害の原因としては頭蓋内の障害、鼻腔閉塞、嗅細胞・嗅神経の障害が考えられます。疾患としては頭部・顔面外傷、慢性副鼻腔炎、点鼻薬の常習的使用、加齢、感冒罹患後などがあげられますが、味覚障害同様、原因が分からないことが多いようです。


鍼灸医学に於いては、味覚障害・嗅覚障害の治療は手の少陰心経、手の太陽小腸経、手の太陰肺経のバランスの崩れとの認識にたって治療にあたることになります。また、病態としては黄帝内経霊枢・海論篇に記載されている“気の海”が該当するケースが多く、足の厥陰肝経の上焦の虚実を見極めることも重要です。

治療は週1〜2回のペースで継続して行い、期間は概ね4ヶ月から1年程度。味覚は甘味が比較的早い段階で感じることが出来るようになりますが、塩味を感じるようになるまでは時間がかかる傾向があります。嗅覚の回復については傾向らしい傾向は特に見受けられません。しかし、治療を継続していくことで主訴である嗅覚障害以外の症状が先に改善していきますのでそれが治癒へと向かうひとつの目安になります。

また、経脈の乱れは一朝一夕に整えられるわけではありません。味覚障害・嗅覚障害に限ったことではありませんが、症状が重かったり、発症してから長い時間が経過していれば経脈の調整はより難しくなります。数回の治療で主訴の改善が認められなかったからと言って諦めてしまうのではなく、それ以外の症状の変化についても十分に気をつけ、治療を継続していくことが主訴の改善につながり、治癒へと向かうことになるのです。

味覚障害・嗅覚障害の症例
 
治療院のご案内 病の話
治療について 最近の症例
地図 駒込霊枢研究会
プロフィール リンク
   

駒込ハリニック > 病の話 > 味覚障害・嗅覚障害
Copyright(c) 2003- Komagome-harinic All rights reserved.